[β版公開中]INFORMATION 2019/05/30 更新 1990年〜の古い記事も再登録しています。

ENTERTAINMENT

ENTERTAINMENT

思わず映画『トランスモーファー』にやられてしまった

2007年、かなり映画館で見たかった映画のひとつが、スティーヴン・スピルバーグ制作総指揮、マイケル・ベイ制作総指揮・監督、アレックス・カーツマン/ロベルト・オーチー脚本の『トランスフォーマー』だ。 やっとレンタルDVDも準新作となり、まさ...
ENTERTAINMENT

なりたい自分との戦い – 嵐になるまで待って[2008年版]演劇集団キャラメルボックス

もし、わたしが「○○」だったら、彼に愛されるかも……。 もっとキレイだったら、もう少し身長があったら、やせていたら……。 そんなことは誰でも思ったりする。 誰にでもコンプレックスはあるもんだ。 この主人公のばあい、自...
ENTERTAINMENT

まさに演劇版〝ニュー・シネマパラダイス〟だった『恋に落ちたシェイクスピア』

演劇好きなら、まさに『ニュー・シネマパラダイス』の演劇版と感じた人も多いのではないだろうか。 なにしろ演劇的ノスタルジー満載なのである。 まずは、シェイクスピアのキホン的知識として、イギリス演劇界における〝エリザベス朝演劇〟の代表的...
ENTERTAINMENT

ゴジラより優先したミミ・レダー監督『ディープインパクト』だったが

1998年夏、誰もがローランド・エメリッヒ監督『GODZILLA』なんだろうけど、 やはりその前にミミ・レダー監督『ディープインパクト』を観ないとあかんだろ。 というわけで、やっと観ることができた。 泣けるというから期待していったけ...
ENTERTAINMENT

【再録レビュー】南河内万歳一座「さよならオレンジ版〜百物語」

夏の合宿やらキャンプなどで誰もが1度は体験したことがあるだろう。 ひとつひとつ幽霊や妖怪などの恐い話を、メンツで順番に語っていき、百回目の物語を語り終えたとき、なにか恐ろしいことが起こるという〝百物語〟を。 物語は、ひとつ怪談話が終...