[β版公開中]INFORMATION 2019/05/30 更新 1990年〜の古い記事も再登録しています。

PUBLISHING

LOVE

mina特集「彼をトリコにする3語をマスター」にあんまり関係のないオトコの人生ってなに?

ずっと気になっていた『mina 2007/07/06号』(主婦の友社)をやっと入手。 ちなみに『mina』は、ガーリー・カジュアル・大人カジュアル系女性ファッション誌で、2001年3月創刊。 主に20代女性向け。 その特集の...
PUBLISHING

2007年春の女性誌で結婚特集大連発って『負け犬の遠吠え』ブームの名残ですか

なんか2007年春の女性誌の特集企画がヘンです! まずは、2007年5月16日(水)発売の『anan(1561号)』の特集「恋より楽しい結婚をしよう!」がおもしろいなぁと思って読んでいたら(これ読むと、結婚したくなります)、同5月7...
LOVE

檻にこもっている女子 = オリ子チェック! – 未婚女性33歳以上の彼氏いない率5割強

独女通信にあいかわらずハマってます 未婚女性33歳以上の彼氏いない率が5割強って……。 マジですか! だったら、もらってくれよ〜と思っているおっさんは自分も含めて少なくないだろう。 元ネタは、ライブドアコンテンツ『独女通...
LOVE

市川拓司『キジバトの夫婦』で、友だちがいなくなった理由を再確認

市川拓司『キジバトの夫婦』を読んだ。 あなたを愛するために ぼくは生まれてきた。 どちらかがこの星を去るまで一緒にいる、 そのおおらかな安らぎ。 そのなかで、結婚についての警句や金言をいろいろと調べた経緯があり、どれも「結婚はやめ...
PUBLISHING

反重力な女になる『MAQUIA』特集のブリジット・バルドーの老け顔比較がヤバすぎ

今月の『MAQUIA(集英社)』でぶっ飛びませんでした? 特集記事『私反重力な女になります!』がとにかくヤバすぎ。 なにしろツカミは、ブリジット・バルドーの昔の写真と、 いま現在のおばあちゃん写真を並べて掲載……。 ...
LOVE

別離は恋の死なのでしょうか? – 『ダ・ヴィンチ』2004年4月号 – 失恋の処方箋

最近まわりの女子が続けて失恋したためか、引きずられて自分も妙に胸キュン状態。 というわけで、株式会社KADOKAWA『ダ・ヴィンチ』の「別離(わかれ)は恋の死なのでしょうか?」特集号(2004年4月号)を引っ張り出してきた。  アグネス...