ただいま作成中。過去の記事を再登録中 β版[2019/02/15更新]

今夜も見上げた月……間違いなく〝記憶〟に残る、デイミアン・チャゼル監督最新作『ファースト・マン』と個人的な映画企画思い出も

First Man アイキャッチ
ファースト・マンのワンシーン

個人的には天才だと思っているデイミアン・チャゼル初の本格商業映画?

※ほぼネタバレなしです。

ミュージカル映画の底力をみせつけた『ラ・ラ・ランド』でタッグを組んだ、『セッション』などのデイミアン・チャゼル監督と、『ブレードランナー 2049』などのライアン・ゴズリングによる話題作『ファースト・マン』

当初は、第91回米アカデミー賞(2019年)の大本命ともいわれましたが、フタを開けてみれば、アルフォンソ・キュアロン監督『ROMA/ローマ』や、ピーター・ファレリー監督『グリーンブック』ヨルゴス・ランティモス監督『女王陛下のお気に入り』などが続々と注目され、よもやの作品賞だけでなく、監督賞・主演男優賞ノミネートオチときたか……。

※美術賞、録音賞、音響編集賞、視覚効果賞はノミネート。

日本公開前の〝大絶賛〟という世界的評価はどこにいったのか。

ファースト・マン海外ポスター

いやいや、おもしろかったですよ。

IMAXやドルビーアトモスなど、より良好な劇場であれば、確実に〝記録〟より〝記憶〟に残る映画になるはずです。

なにしろ、空を見上げれば、そこにいつも〝月〟があるわけで、たぶん一生宇宙(そら)を見上げるたびに『ファースト・マン』で焼き付けられた人類的偉業とニール・アームストロングの苦悩を感じざるをえません。

そのなか、この『ファースト・マン』が、デイミアン・チャゼル監督初の本格商業映画だと思うのは……。

世界に名を広めた『セッション』は、憧れのミュージカル映画=『ラ・ラ・ランド』のための実績作りで撮ったと公言しているし、なんだかんだと『ラ・ラ・ランド』は監督の個人的な映画。

それゆえ、じつは『ファースト・マン』自身のテクニックで撮ったはじめての映画ではないかと思うわけです。

なにしろ脚本は、アカデミー賞『スポットライト 世紀のスクープ』や『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 』などのジョシュ・シンガーで、今回は監督としてノータッチ(当然意見を交わしているとしてもノークレジット)。

映画『ファースト・マン』を見る前に押さえておきたい映画タイトルで思い浮かぶのは、約6本

2018年秋頃からみなさんも書いてますが、映画『ファースト・マン』を見る前に押さえたい映画タイトルはそこそこあります。

事前に見ていたら、より楽しめることは間違いないでしょう。

絶対に見たい!前日談となる『ライト・スタッフ』

100%見たほうがいいのは、フィリップ・カウフマン監督・脚本の『ライト・スタッフ』でキマリ。

原作は、トム・ウルフ。
https://amzn.to/2X0cYjX

七人の宇宙飛行士「ザ・ライト・スタッフ」表紙

「ライトスタッフ」の米作家トム・ウルフさん死去
https://www.asahi.com/articles/ASL5J2D49L5JUHBI009.html

これは完全に〝前日談〟と思ってましたが、実際に映画『ファースト・マン』を見ると、ニール・アームストロングのテストパイロット時代=宇宙開発ともかぶってました。

カンタンに語ると映画『ライト・スタッフ』は、アメリカとソ連との宇宙開発競争のなか、有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」の宇宙飛行士の選出とその成長、当時の地上パイロット最高峰のチャック・イェーガー(世界初音速を超えた男)の対比を描きつつ〝パイロット〟の生き様をみせる大長編。

そのうえで映画『ファースト・マン』で描かれるのは「マーキュリー計画」に続く「ジェミニ計画」と「アポロ計画」

つまり、完全な続編でもあるわけです。

他の5本については、また後日DVDを再度見てからご紹介。

その昔『ライト・スタッフ』の続編を考えたことも

その昔、某映画プロデューサーと飲みながら「ライト・スタッフの続編作りたいね。ラストは当然あのセリフだよね」とよく語っていましたが……。

とうぜん日本でも無名なふたりで作れるわけもなく、そうった思い入れもあるので、よけいに思い出深いのもあります。

同じような気持ちの映画人や映画ファンは世界中に多々いたはずで、その思いをいま〝カタチ〟にしてくれたというだけでも、感慨深い。

これって、誰も語っていない気がするけど……。誰もが『ライト・スタッフ』の続きは見たかったはず。

ファースト・マン[原題:First Man]

2018年・アメリカ・141分
原作:ジェームズ・R・ハンセン
製作:ウィク・ゴッドフリー、マーティ・ボーウェン、アイザック・クラウスナー
監督・製作:デイミアン・チャゼル
脚本:ジョシュ・シンガー
撮影:リヌス・サンドグレン
美術:ネイサン・クロウリー
https://firstman.jp

コメント