[β版公開中]INFORMATION 2019/05/30 更新 1990年〜の古い記事も再登録しています。

テレビ大阪『キレイの鉄則』で再認識!キレイになりたいという女子の気持ちに拍手!

出典:無料写真素材 写真AC

コスメとか美容カンケーテレビ番組は、日々チェックしているワタクシ。
最近は〝負け犬〟ネタがさすがに多いけど、もちろんそれらも録画してます。

そのなか、先日、録画していた『キレイの鉄則』(テレビ大阪)をまとめて見ました。
http://www.tv-osaka.co.jp/kireinotessoku/

好きじゃなかった『キレイの鉄則』の構成

実ははじめて見たとき『キレイの鉄則』って好きになれなかった。

番組で紹介されているのは、メイクとヘアメイクだけ
つまりは表面的な〝キレイ〟テクニックだけ。

体内からキレイになるとか、科学的に立証されたダイエットといった情報はほぼゼロで、構成作家出てこーーい!って感じだったんです。

だって、メイクは洗顔すれば終わりだし……と思えば、正しいクレンジングについてのレクチャーもなし。

見ていて〝フォローなしやん!〟と怒り爆発。
ホント目先のテクニックだけなんです。

大事なのは、その〝モテメイク〟の前と後だろー!

それって「根本的解決になってない」「それでは出演者は幸せになれない」と怒っていたわけです。

しかし、まとめて見ると……。

女の子ガンバレ!

もう、泣きそうでした。

髪型を変えて、キチンとメイクして、自分に自信を持って、好きな人に告白しに行く女子とか……。

プロによるメイクアップなどで自信を持って、明日から少しガンバッテ生きていく彼女たちの〝姿〟に感動

確かにその場の限りだけの〝キレイ〟かもしれない。

でも、女子たちはがんばっている。
いまこの瞬間もがんばっている。

それがどうしようもなく〝愛おしく〟なってしまった。
努力そのものも、すべて愛らしい。

女の子ってホントに大変!

ぜひ、多くの女性には〝女子力〟を発揮してもらって、好き放題に生きて欲しい……とマジで思った。

きっと、それを受けとめるパートナーがいるはずで。
その〝ウツワ〟をワタクシも持ちたい。

後日談

いま読むと、上から目先でハラスメント的なテキストかもしれないですけど、2004年のエントリーですので、ご勘弁。

最近は、ほとんど努力していない女子と出会うことも増えましたか……その中間層がかなり少ない印象。

一方で、SNSでたいして努力しなくしても〝美女〟とチヤホヤされる美魔女風が増加中。

ここは「マツコ ブス」で検索してくださいませ。

コメント