[β版公開中]INFORMATION 2019/05/30 更新 1990年〜の古い記事も再登録しています。

【再録レビュー】南河内万歳一座「さよならオレンジ版〜百物語」

南河内万歳一座_百物語
南河内万歳一座『百物語』のさらなるリメイク版のWebサイトより

夏の合宿やらキャンプなどで誰もが1度は体験したことがあるだろう。

ひとつひとつ幽霊や妖怪などの恐い話を、メンツで順番に語っていき、百回目の物語を語り終えたとき、なにか恐ろしいことが起こるという〝百物語〟を。

南河内万歳一座_百物語

南河内万歳一座『百物語』のさらなる数年後リメイク版のWebサイトより

物語は、ひとつ怪談話が終わるたびに1本1本ロウソクの火を消していった、小学校の夏季合宿にはじまる。

主人公となるのは、その百番目の語り手。
そして、順番がやってきたとき、彼はこう語った。

「僕には人に語れるような物語がありません」と。

内藤裕敬率いる史上最強・南河内万歳一座が、今回見せてくれたのは、1990年に上演した『百物語』のリメイク版。タイトル通り、今月いっぱいでその幕を閉じることになった阪急オレンジルーム(阪急ファイブ8F)へのオマージュ的作品だ。

この作品の持つ意味を、演劇初心者がうまく理解するのはむずかしいかもしれない。

というのは、このオレンジルームこそ、関西における小劇場演劇ブームを本当に支えてきた唯一の劇場だったからだ。

最近では、扇町ミュージアムスクエアが小劇場の登竜門的ホールとして知られているけど、10数年前はオレンジルームがその役割を果たしていた(そもそもオレンジルームしかなかった)。

つまり、南河内万歳一座をはじめ、古田新太らが所属する劇団☆新感線など現在活躍中の多くの劇団もオレンジルームを拠点に活動し、大きく育っていったというわけなんである。

ちなみに、オレンジルームがオープンしたのは、1978年。

文字どおり、関西演劇界の1980〜1990年代を背負ってきた劇場となる。

南河内万歳一座は、過去11年間で本公演を13回上演。まさにオレンジルームは古巣。

「最初の頃からオレンジでやってきたわけだから(なくなるのは)寂しいよね。どうしようもできないんだけど。だからといって、オレンジがなくなったからといって、オレンジから出てきた芝居がなくなるってことはない。僕らはオレンジルームっていう六畳一間から次のアパートに引っ越すというだけ。もちろんいままで住み慣れたところだから、やっぱり懐かしいけど」とは、南河内万歳一座・内藤裕敬氏の言葉。

また、だからこそ〝引っ越し〟がテーマである『百物語』を最後に上演するという。

もし、恐い話を百話語り終えると、なにか恐ろしいことが起こるというのなら、生活や人生や恋愛の話を百語り終えたときは、一体何が起こるのだろうか……。

きっとこの舞台では、オレンジルームで生まれた百の物語の次の未来が描かれるに違いない。

コメント